NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 技術を楽しく伝える海外のクリスマス #日産ストーリーズ 15

技術を楽しく伝える海外のクリスマス #日産ストーリーズ 15

いよいよ年の瀬を迎え、イルミネーションが街中をキラキラと彩り始めましたね。家族や友人など、大切な人へのプレゼント選びに追われる方々も多いことでしょう。この時期ならではの、日産の技術を楽しくわかりやすくお伝えしようと趣向を凝らした海外の施策をご紹介!

「日産リーフ」のエネルギー回生を活用したNissanChristmasTREE

欧州日産では、季節限定でNissan LEAFをNissan TREEに変身させました。きらめくライトに飾られたNissan(Christmas)TREEを通じて、ブレーキや減速時に電気自動車がエネルギーを回生する仕組みを紹介します。

 “Let it glow, let it glow, let it glow”

実際、「日産リーフ」のドライバーは、平均で18,000km走行すれば744kWhのクリーンエネルギーを再生できます。これは、欧州の平均的な家庭の総電力消費の20%にあたります。また、クリスマスにちなんで、以下のようにも換算できます。

  • ● 700個の白熱灯のライトを点灯したクリスマスツリー266本
  • ● クリスマスディナーを料理するために1時間使用するオーブン297個
  • ● お気に入りのクリスマス映画を5時間見るためのテレビ744個
  • ● 1,000個のLEDライトを5時間点灯した家10,783 軒

 

大きな荷物も楽々積める「キャシュカイ」で、長旅もストレスフリーに

欧州で、休暇期間中に10名以上の知人を訪問する人の約4割が、スーツケース、食料品、プレゼントなどがクルマに入りきるかどうか、不安を抱えています。ドライバーの23%は、これらをクルマに詰め込まなければならないなら、むしろクリスマスそのものをやめたいとまで思っているほどです。こういったストレスを軽減するため、日産は旅行とパッキングの専門家でありLonely Planet社より発行された「How To Pack for Any Trip」の共同著者であるKate Simon氏とパートナーシップを締結しました。

 

「日産リーフ」に新採用されたサウンド「カント」をマッシュアップ!

「日産リーフ」2020年モデル(国内向けマイナーチェンジ仕様)には、さまざまな変更が加えられており、その1つに新しい車両接近報知音「カント」が採用されています。今回北米日産では、このカントの音源をベースに「ジングルベル」や「荒野の果てに(“Angels We Have Heard on High”)」の2つのクリスマスキャロルをマッシュアップ。ハイテク感あるエレクトロポップに仕上げました。北米日産のリリースでは「ホリデー向けの“e-worm”(耳から離れない音)」と題し、National Go Caroling Day(全米キャロル記念日)にちなんで、12月20日(金)に公開しました。なおクリスマスキャロル音源はWEBでダウンロードすることができます。

 

プレゼントの最高の隠し場所はエクストレイルにおまかせ!

日産「ローグ」(日本名:エクストレイル)の荷物収納システムDivide-N-Hide(日本名:防水フレキシブルラゲッジ)なら、クリスマスプレゼントを目につかない場所にこっそり隠しておけます。

この機能を使えば、プレゼント探しの目から、プレゼントを隠す苦労がなくなります。

Divide-N-Hideは、カバー付きの収納スペースをギアの種類や収納スタイルに合わせて自由にカスタマイズできます。これも、日産の技術を活用し――とりわけ、忙しいクリスマスシーズンに――生活をより便利にする方法のひとつです。

#日産ストーリーズ | ゼロエミッション | 会社情報 | 電気自動車

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧