NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 「日産リーフ」が練馬区の防災・防犯のお手伝い

「日産リーフ」が練馬区の防災・防犯のお手伝い

練馬区は、日産自動車および都内の日産系販売会社とともに「災害時における電気自動車からの電力供給に関する協定」締結しました。

ハイライト動画

締結式は9月6日、練馬区役所にて、「安全・安心パトロールカー」として7台導入された、電気自動車(EV)「日産リーフ」の出発式とあわせて開催されました。

今回の締結の背景は、練馬区が今年6月に創設した、区や区民、事業者が所有するEVを災害時の避難拠点の電源として活用する「災害時協力登録車制度」の取組に日産側が賛同したものです。

具体的には、

⑴ 災害時、練馬区内の日産販売会社店舗に配備しているEV(試乗車)の区への無償貸与

⑵ 災害時、練馬区内の日産販売会社店舗に設置してあるEV用急速充電スタンドの区優先利用

⑶ 災害時協力登録車制度(区民登録制度)の周知協力

⑷ 平常時、EV普及に関する広報活動への協力(イベント出展等)

前川燿男区長はじめ関係者や報道陣が詰め掛けた式典の会場では、「安全・安心パトロールカー」の電力で、災害時に大型照明などの機器を使用する、外部給電のデモンストレーションも実施され、出席者の関心を集めました。

日産は、今後も地方自治体や企業と協力・連携しながら、日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』活動を推進して参ります。

さらに、EVの先駆者として、「日産リーフ」や「e-NV200」を活用した災害時のソリューションや自然エネルギーの普及など、ゼロエミッション社会の実現に向けて取り組んで参ります。

フォトギャラリー

180906_LEAF_Nerima
 

 

CSR | ゼロエミッション | バッテリー | 会社情報 | 社会貢献 | 電気自動車

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧