NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 新型「日産リーフ」が熊本のタクシーに!

新型「日産リーフ」が熊本のタクシーに!

熊本県の「株式会社おしろタクシー」がタクシー全車両を新型「日産リーフ」に更新したことに感謝し、4月12日に日産のグローバル本社で感謝状贈呈式典が実施されました。

昨年秋にフルモデルチェンジした新型「日産リーフ」は、排出ガスを一切出さない100%電気自動車であることはもちろん、電動パワートレインならではの力強い加速、低重心を活かした軽快なハンドリング、進化した自動運転化技術など先進技術の数々を合わせ持ち、日産が掲げる電動化、知能化の未来を目指す「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するクルマです。

熊本県では、これまでに、株式会社菊陽タクシーが、初代「日産リーフ」を全車両導入しており、エネルギー効率の良さはもちろん、静粛性や乗り心地の良さ、加速感、ガソリン代不要のコストメリットなどが、乗車されるお客さまやドライバーの方々からも高く評価されています。

その高評価を受け、この度のおしろタクシーの全車両新型「日産リーフ」導入に至りました。

3月8日には熊本城内加藤神社において、おしろタクシーが導入した「日産リーフ」タクシーが、一堂に会し出発式が行われました。

復旧中の熊本城のおひざ元の神社にて、加藤清正公らに扮した武将隊の掛け声と共に鮮やかなチャイナブルーのタクシー16台が出発しました。

その後、新型「日産リーフタクシー」は熊本県各地で活躍しています。

 

12日の贈呈式には、今回導入された新型「日産リーフ」タクシーが熊本からはるばる1200㎞走行し横浜の日産の本社までお越しいただきました。式典には熊本県「営業部長」のくまモンも駆けつけ一緒にお祝いしました。

 

 

おしろタクシーの込山社長は、「豊かな自然あふれる熊本のタクシー会社として、環境配慮の思いからゼロ・エミッションである『日産リーフ』を導入しました。『日産リーフ』は、電気自動車というだけでなく、最先端技術が多く搭載されたクルマであり、お客さまにも年配のドライバーにも、安心して乗って頂けるタクシーとして最適だと思います。この『日産リーフ』タクシーの取り組みが、是非、全国の多くの地域に広がってほしいと願っています」と導入を決意した思いを語りました。

 

 

 

関連リリース

2018/4/12 新型「日産リーフ」全車導入の熊本県「株式会社おしろタクシー」に感謝状贈呈

https://newsroom.nissan-global.com/releases/180412-01-j?lang=ja-JP

 

イベント | ゼロエミッション | バッテリー | ブランド | 会社情報 | 販売 | 電気自動車

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧