NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 「フランス映画祭」横浜で開催決定。日産がメインスポンサーに!

「フランス映画祭」横浜で開催決定。日産がメインスポンサーに!

日本に最新のフランス映画を紹介することを目的に1993年に横浜で誕生した「フランス映画祭」。2006年からは東京で開催されていましたが、日仏交流160周年の記念となる今年、2005年以来、13年振りに横浜で開催されることが決定しました。

 

日産自動車は、この「フランス映画祭」(6/21-24、於みなとみらい)に特別協賛し、共にフランスとの親交が深い地元横浜市と共に映画祭を盛り上げます。

開催に先立ち、4月23日、フランス大使館公邸にて開催された記者会見には、ローラン・ピック駐日フランス大使、林文子横浜市長らの他、日産を代表して専務執行役員チーフサステナビリティオフィサーの川口均が出席。

フェスティバル・ミューズとして横浜市出身で女優の常盤貴子さんが登場し華を添えました。

日産は映画祭開催期間中、フランスから来日する俳優や監督等関係者の移動をサポートするオフィシャルカーとして日産車を提供します。

「映画祭の特別協賛を通じて、フランスの映画関係者や著名人に日産車、特に日産リーフに乗っていただくことは、ニッサンインテリジェントモビリティの世界を体感していただける良いチャンスになると思います。フランスの文化は昔から日本人に馴染みが深く、フランス映画も日本人に愛されてきています。今回フランス映画祭が横浜で開催され、日産が特別協賛できることは本当に光栄なことだと思います」と川口は語りました。

ピック駐日フランス大使と林横浜市長からは、「日産の力強いサポートで横浜での開催が実現しました。フランス映画の世界を日本の皆さんに体験いただける素晴らしいイベントになると確信しています」と日産のサポートに対する御礼と成功に向けての決意が語られました。

 

フランス政府は昨年2040年までに国内のガソリン車とディーゼル車の販売を禁止するという先進的な自動車政策をいち早く発表するなど、地球温暖化対策においてグローバルにリーダーシップを発揮しています。日産は「フランス映画祭」を通じて、著名人に日産のEVを体感いただき、ゼロエミッションモビリティ普及の重要性を発信していく予定です。

異国情緒漂う港町横浜で、ぜひフランス映画の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

フランス映画祭2018公式サイト

 

CSR | イベント | インタビュー | スポンサーシップ | ゼロエミッション | 会社情報 | 社会貢献 | 電気自動車

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧