NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 自動運転技術を活用した完成車の無人搬送システムを追浜工場に導入

自動運転技術を活用した完成車の無人搬送システムを追浜工場に導入

日産自動車は12/5完成車を専用埠頭まで無人牽引車で搬送するシステム「Intelligent Vehicle Towing(インテリジェント ビークル トーイング)」を同社の追浜工場に導入ししました。

日産は、「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」という構想のもと、人とクルマ、そして社会との関係をよりワクワクするものに変えていくべく、様々な取り組みを行っています。今回の取り組みは、地図や通信等の技術を活用し、電動化・知能化されたクルマとインフラをつなぐことにより新たな価値を創造するもので、「ニッサン・インテリジェント・インテグレーション」の実現に向けた一つアプローチです。

同システムは、自動運転機能を備えた電気自動車「日産リーフ」ベースの牽引車と台車で構成されており、一度に最大3台の完成車を無人で搬送することが可能です。

ビデオ

リリース

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-4f8606b050355eca16c69e88bb004124-161205-01-j?year=2016

 

ゼロエミッション | 会社情報 | 技術開発 | 生産 | 電気自動車

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧