NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 日産のレーシングカーが横浜山下公園を疾走

日産のレーシングカーが横浜山下公園を疾走

5月25日、横浜の山下公園で開催された横浜開港記念日関連行事で日産のレーシングカーが会場内を疾走しました。

 

 

スーパーGTシリーズ2年連続チャンピオンの柳田真孝選手がドライブするレース仕様のNISSAN GT-Rと、実際に開発を務めた松田次生選手が駆る電気自動車のレーシングカーNISSAN LEAF NISMO RCが華麗なドリフト走行を披露し、数百人の観衆を楽しませました。

 

 

リーフRCに同乗試乗した参加者は、その静粛性と圧倒的な加速感のギャップに驚いた様子。

「音は静かなのに加速の速さに驚きました」

「スムーズにキュィーンと発進するので(驚きました)。今までガソリン車しか乗ったことがなかったので、こういう体験もよかったです」

 

この日、ライブを予定している地元出身のアーティストのクリスタル・ケイさんも同乗体験に参加し、

「午後のステージに向けて、いい『気合入れ』になりました!」と興奮気味に話しました。

 

 

 

またこのイベントでは、このほど日産とのパートナーシップが発表されたレーシングドライバーの井原慶子選手がトークショーに登壇し、「電気自動車アンバサダー」として活動する意気込みを語りました。
井原選手は、

「国の充電インフラ整備のお手伝いや安全/環境運転教育の講師を通じて、『日産リーフ』の良さを多くの方に伝えていきたい。私がレーシングドライバーになるきっかけは、『日産ドライビングパーク』という安全運転のドライビングスクールの講師として入ったこと。そこで(講師としてのトレーニングを通じ)安全運転の基礎を学んだことで25歳という遅い年齢でレースをスタートしましたが、今世界選手権で戦えるようになった。ゼロから車について日産で学んだので、それがしみ込んでいます」と述べました。

 

【アーカイブ】2012/5/25 井原選手、柳田選手、松田選手トークショー全編(中継録画)
【リリース】2012/5/23 日産自動車、井原慶子選手とのパートナーシップ契約を締結
イベント | インタビュー | ゼロエミッション | モータースポーツ | 会社情報

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧