NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > ゴーン社長インタビュー グローバル・リーダーについて語る

ゴーン社長インタビュー グローバル・リーダーについて語る

東京大学で開催された学生とのパネルディスカッションに出席したゴーン社長は、グローバル・リーダーに求められる経験や、若い世代が日本の将来にとってどれだけ重要であるかを語りました。

メディアセンター:

Q1:本日参加した学生の中には近い将来日本のリーダーとしての役割を担っていく学生もいたわけですが、どのような話をされましたか?また、彼らの将来についてどんな印象を持ちましたか?

A1:ゴーンCEO:

今日の講演では、誰も生まれながらのグローバル・リーダー、生まれながらのグローバル人財ではなく、教育・経験等、時を経て作られるものだというポイントについて話しをしました。

学生の皆さんには、良い教育を受ける、ということは全体の5%だということに気づいてほしいと思います。極めて重要な5%ではありますが、全体の5%にすぎません。あとの95%は仕事を通じて培っていくものなのです。

つまり、企業が人財に求めることの大部分は、入社して最初の数年間で身に着けるものです。

言い換えると、学校は、学ぶ方法を学ぶ場です。これが学生にとって最も大事なことです。就職すると、仕事をしながら学ぶことになります。

日本の若者は今後、数多くの課題に直面するでしょう。どうか、これをストレスに感じるのではなく、やりがいのある機会としてとらえてほしいと思います。意欲を引き出す、刺激的なチャンスです。これは変わるための絶好のチャンスであり、変化は必要です。

メディアセンター:

Q2:日本の企業や政治は、若い世代のリーダーを受入れる事ができているのでしょうか?また女性は国を代表するリーダーとして今後どのような役割を担っていくと考えていますか?

CEO:

現在、若いリーダーが求められています。若いリーダーは変革を促す存在であり、多くの場合、変革は必要です。業績不振に陥った企業を立て直すためには変革が必要であり、若い世代には変革を担うことができるでしょう。

同じくらい重要なのは、ダイバーシティ(多様性)です。だからこそ、女性の役割が益々重要になってきます。

日本の人口は減少しており、今後、社会を支えるためには、あらゆる人財を活かす必要があります。その中で、女性はまだ十分に活かしきれていない、重要な人財です。

更に、お客さまにより喜んでいただくためには、商品のデザイン、設計、生産、そして販売に至るあらゆるプロセスに、より多くの女性の参画が必要です。

今後、社会には変化が訪れるでしょう。そして、その変化を支えるのは若い世代とダイバーシティの向上です。

メディアセンター:

Q3:海外留学する日本人が減っていると聞きます。これは海外からくるリーダーが今後増えてくるなど、日本のリーダーシップの構造に対して影響を与えるでしょうか?

CEO:

必ずしも海外に行く必要はないと思います。必要なのは、グローバルな環境に身を置くことです。インターネットの爆発的な広がりのおかげで、国内にいながら世界とつながることができるようになりました。技術の進歩で、20年前と比べると、物理的に海外に行く重要性は減りました。

しかし、自国にこもっていては、グローバルな人財にはなれません。ある時点で、外に出て行く必要があります。とは言っても、物理的に海外へ行かずして、業務を通じた海外経験することはできます。

例えば、日本に拠点を置く企業で、海外事業と接する部署で働くことは、実際に海外事業に携わるのと同じくらい大切です。海外出向者として、現地で仕事をするほどではなくても、海外で実行され、発展するプロジェクトに関わり、人と接することで学べることは沢山あります。

無論、キャリアのある時点では、海外出向者として現地で生活しながらプロジェクトに参加することに代わる経験はありませんが、昔ほど、重要ではなくなったことは事実です。

日産自動車が相手にしているのは世界市場です。従って、自国にいながら海外の多種多様な人々と関わりあう機会があります。

メディアセンター:

Q4:先日日本では選挙が行われましたが、もし日産やルノーのパートナー(企業)のリーダーが6年毎に代わることがあれば、共に成長するビジネスパートナーとして考慮しますか?

 CEO:

パートナー会社はあまり気にしていないでしょう。誰がトップになるかよりも、好業績を維持することが求められます。一方、誰がリーダーになるかは、従業員にとって大事です。

従業員は、明快なビジョン、明確な指針・決定・裁定・プロセスを求めています。そして、これらは、安定した経営層によって担保されます。

指導層が頻繁に入れ替わることで、一番苦労するのは、企業の場合はその従業員、国の場合はその国民です。しかしながら、パートナーにとっては、相手の会社が好業績である限り、問題にはなりません。

イベント | インタビュー | 会社情報

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧