NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > ハイオク(ターブ)でスピードを競う

ハイオク(ターブ)でスピードを競う

https://www.youtube.com/watch?v=mrhG6AFKmqY

最近クルマの新しい動力として注目を集めている技術といえば、ゼロ・エミッションやピュア・ドライブですが、このサーキットでクルマを動かすために必要なのは声とiPhoneだけです。

世界初の音声でラジコンカーをコントロールするiPhoneアプリを使い、参加者たちは「フェアレディZ」ラジコンカーのスピードを競いました。

この珍しいグランプリは、日産自動車とベンチャー企業により日産グローバル本社のギャラリーで開催されました。

老若男女の参加者たちは、様々な声のピッチでモーターを動かしました。

見事に勝利した参加者の少年は「あまり声を出すのがちょっと苦手で(難しかった)。(勝てて)うれしかったです。」と感想を述べました

子供も大人も楽しめるイベントとなりました。

幼い娘と二人で参加した女性は「楽しかったです。一位になるとは思わなかったから、だめかな、と思っていました。」と言いました。

今回の『日本グランプリ』に参加できなかった人は、11月17日のインターネット上で行われる『ワールド・グランプリ』に向けて「発声練習」をすることもできます。

イベントの企画に関わった面白法人カヤックのテクニカルディレクターの村井孝至さんは、さらに大きなスケールで繰り広げられるレースとなることを話しました。

村井さんは「24時間ずっとこのレースをやります。ウェブサイトにアクセスすると、自分の持っているFacebook、そしてツイッターでログインし、リモートでスタジオでやっているクルマを、リアルタイムで中継してできるというグランプリになっています。」とかたりました。

興味のある方は、ご自身の声でバーチャルのエンジンに火をつけてみてはかがでしょう?

イベント

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧