NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > セレナS-HYBRIDの受注状況を発表

セレナS-HYBRIDの受注状況を発表

先月8月1日に発売した「セレナS-HYBRID」の受注状況が本日発表され、発売後約1ヵ月を経過した9月2日時点で12,572台に達しました。

「S-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)」は、従来から搭載しているECOモーターのエネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化し、蓄電容量を高めるためのサブバッテリーをエンジンルームに追加することで実現したシンプルでコンパクトなハイブリッドシステムです。

ハイブリッドシステムのすべてをエンジンルームに収めることで、「セレナ」の特長であるクラス最大の室内空間や使い勝手の良いシートアレンジはそのままに、クラス*1No.1の低燃費(15.2km/L:JC08モード燃費/2WD)を実現し、自動車取得税と自動車重量税がクラスで唯一免税*2となります。

開発者インタビュー

「セレナS-HYBRID」の受注台数は、セレナの総受注台数の90%以上を占めており、「セレナS-HYBRID」だけでセレナ全体の月間販売目標6,300台の約2倍となる非常に好調な立ち上がりとなっています。

受注の内訳等につきましては、本日発行したニュースリリースをご覧ください。

  1. *1 ミニバンとは3列シートの国産車を指す。ミニバン順位は日産調べ。 2012年上半期の販売台数は、53,106台。
  2. *2 2.0Lクラスの8人乗りミニバン(3列シート車)。(2012年7月現在 日産調べ)免税は、「環境対応車普及促進税制」の減税措置による。
商品情報 | 技術開発 | 販売

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧