NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 社内通訳一筋12年。その素顔は

社内通訳一筋12年。その素顔は

弊社社長カルロス ゴーン専属の通訳を努めて12年目となる森本由紀。この度マイクを通さず自らの言葉でその舞台裏を激白します。

Morimoto 01

神戸女学院時代の森本(中央)

 

Q1. ゴーン社長の通訳の仕事を始めるきっかけと、そのときの感想は?

入社前ゴーン社長は何度かテレビで見たことがあるだけで、特にこれといったイメージは抱いていませんでした。「真面目で厳しそうな人だな」という程度の印象でした。

従って、ものすごく心が動かされた、ということはありませんでした。勿論、日産から仕事のオファーがあってとても嬉しかったのは事実ですが、具体的に「ゴーン専属の通訳者」になりたいと強く思っていたわけではありません。

 

Q2. ゴーン社長に初めて会ったときの印象は?

Morimoto 02

1995年の卒業後、神戸の製薬会社に勤め、臨時の通訳を依頼されたが「大失敗」(本人談)したため一念発起して通訳の勉強に。

初めてゴーンの会議の通訳をした後、ゴーンは私と握手をして、「Good job(よくやった)」と言いました。私はそれは単なるお世辞だと思い、「何とかなった。少なくともヘマはしなかった」とホッとしたのを覚えています。

会議室を出ると、同席していた当時の人事担当の役員から「彼はあなたを気に入ったんだよ!「よくやった」と言っていただろう」と言われました。

私が「でもあれはリップサービスなのでは?」と聞くと、役員は「いや、彼はお世辞は言わない人だから」と答えました。私は「本当かしら?」と思いましたが、翌日、秘書室への異動が決まったので事実だったようです。

 

 

Q3. 自分のよく知らない相手の通訳をするときに心がけていることは?

通訳をしている時は、とにかく「聴く」ことに集中しています。また、通訳する際には、話をするスピーカー(話者)よりはむしろ、通訳を聞いている人たちのことを考えます。

例えば、通訳を聞いているのが、社外の一般の方々の場合は、より分かりやすい訳出を心がけます。例をあげますと、話者が「NP88」と言った場合は、言葉通り省略せずに、「日産パワー88」と通訳します。あるいは、年配の方々が聴衆にいる場合は、極力、カタカナ用語や外来語は避けるようにしています。

ですから、話者よりはむしろ通訳を聞いている人のことを考えます。

 

Q4: これまでで苦労した場面は?

秘匿情報もありますのでお話しできないこともありますが、物理的に通訳がしづらかったのは、富士スピードウェイに行ったときです。レース中にVIPルームで通訳をする機会がありました。ご存知のようにサーキットはとてもうるさいのです。そのような中でメディアとの個別インタビューがあり、記者の方が日本語で質問されるのですが、何を言っているのかさっぱり聞き取れませんでした。「日産はV字回復…<ブオーン(レーシングカーの音)>日産リバイバルプランを達…<ブオーン>」という感じでした。

私は逐次通訳ではなく、主に同時通訳しますので、記者の方が私の耳もとで質問を叫び、それを私がゴーンの耳もとで叫んでいました。私はゴーンの耳もとで叫んだ数少ない人間なのではないかと思います。これが物理的に最も通訳のしにくかったエピソードです。

 

Morimoto 03

2001年日産自動車入社。まるで本人が乗り移ったような通訳は、社内でも絶大な信頼を博している。

Q5: あたかも話者の話し方、性格が乗り移ったかのようだが、この通訳スタイルはいつ頃身につけたのか?

もともとそういう性質なのだと思います。通訳をしている時は、特に相手がゴーンのように熱のこもった話し方をする場合、その人の心、想い、そして熱意も同時に伝えられるよう努力しています。そうしようとすればするほど、話者の身振り手振りも真似てしまいます。

例えばその人が「大事なポイントは3つあります」と言いながら指を3本立てると、私も同じようにします。その人と同じ身振り手振りで通訳することで、その人の「想い」がよりうまく伝わるような気がします。

 

Q6: 通訳する前に「儀式」のようなものはあるか?

実は株主総会と通期決算発表の通訳をする前にやっていることがあります。スーツを新調します。新しいスーツを着て、自信をつけて、鏡の前に立ち、「大丈夫。私ならできる。私は完璧!」と自分自身に言い聞かせています。

 

Q7: なぜ長年にわたり専属通訳を任命されていると思うか?

「相性」ではないでしょうか。ゴーンは私が側にいても、邪魔に感じないのではないかと思います。私はほとんどの場合、彼の国内出張には随行しているのですが、出張中はトイレ以外、あらゆるところについていきます。一緒にいて違和感を感じていれば、これほど長くもたない思います。従って、理由は「相性」、いわば「フィーリングが合う」ということではないかと思います。

また、相性は双方に言えることだと思います。私もゴーンの側にいて違和感は感じません。ゴーンも同じように思っていると嬉しいですね。

 

会社情報

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧