NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 新型「ノート」について 〜アンディ パーマー副社長に聞く〜

新型「ノート」について 〜アンディ パーマー副社長に聞く〜

 

16日夜に開催された新型「ノート」ワールドプレミアイベントの会場で、アンディ パーマー副社長に日産の成長を支える世界戦略車の1つとして、このクルマに期待することは何か聞きました。

Q: このクルマの一番の特長は何でしょうか?

パーマー副社長:

率直に、魅力的なクルマに仕上がったと思っています。美しいクルマにするということは当初からの目標でした。

フロントグリルとヘッドランプが嵌合したフロントマスクは非常に個性的で、独自の印象を与えます。

また、通常、このセグメントのクルマのサイドビューは平凡なものが多いのですが、今回はボディサイドに印象的な「スカッシュライン」というキャラクターラインを取り入れました。リアコンビランプも同様に、ワクワク感を感じさせるものとなっています。

デザインだけでも多くの魅力がありますが、このクルマの魅力はそれだけではありません。新型「ノート」はイノベーションの結集です。日産ブランドは、すべての方にイノベーションとワクワク感をご提供するブランドであり、このクルマにはそれが詰まっています。

ハイブリッドのようなプレミアム価格をつけることなしに、ダウンサイジング技術、軽量化、空力性能を向上させることになどにより、優れた燃費性能も実現しています。

また、アラウンドビューモニターやアイドリングストップシステムなどの最新技術も搭載されています。

 

Q.日産の成長戦略におけるこの新型「ノート」は位置づけは?

パーマー副社長:

このクルマは私たちが世界戦略車に位置づけているモデルの一つで、年間35万台の販売を目指しています。

多くの人々にとって、ブランドはこのような量販車によって定義づけられます。このクルマはとてもお手頃な価格でありながら、日産の「ものづくり」の精神が込められています。

 

 

Q:今回は新型「ノート」日本モデルの発表でしたが、北米や欧州向けモデルはどのようになりますか?

パーマー副社長:

マーケットによって常に違いはでてきます。一つのモデルで世界中すべてをまかなうというのは、傲慢な戦略です。

私たちのブランドは「すべての人」を意識しています。ですので、主要マーケットごとにお客さまの意見を聞き、それらをクルマに反映させています。デザインに関して、マーケットごとに大きく変えることはできませんが、違いは感じていただけると思います。

搭載されるエンジンの種類やデザインの一部は地域ごとの顧客ニーズにあわせて変更され、それぞれのマーケットにおける最高のコンパクトカーが提供されることになります。

 

イベント | 商品情報 | 販売

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧