NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 世界初:EV家庭用充電・給電システム「LEAF to Home」を発表しました

世界初:EV家庭用充電・給電システム「LEAF to Home」を発表しました

日産自動車は本日、「日産リーフ」のバッテリーから電力供給するシステム「LEAF to Home」の市販仕様を発表し、東京・荻窪のショールームにて実際のシステムをお披露目しました。

これはニチコン株式会社が開発した「EVパワーステーション」を活用して電気自動車の大容量バッテリーに貯めた電気を一般住宅の分電盤に接続して活用するもので、世界初のシステムとなります。日産リーフのバッテリー蓄電能力は24kWhと大容量であるため、満充電時には一般家庭の約2日分の日常使用電力を賄うことができます。これにより、走行中はもちろんのこと、駐車中には蓄電池として、EVならではの付加価値を提供します。

日産はこのシステムを日産販売会社ショールームに順次設置し、EVを活用した効率的なマネージメントを推進します。

本システムは今年6月中旬より、日産販売会社を通じてお買い求めいただけますので、ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

イベント | ゼロエミッション | 技術開発

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧