NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 「キャンプる~okinawa!キャンペーン2012」が沖縄で開催中

「キャンプる~okinawa!キャンペーン2012」が沖縄で開催中

2012年シーズンの開幕が待ち遠しいプロ野球。3月30日の開幕に向けて各地で春期キャンプが繰り広げられています。

特に沖縄県はその温暖な気候により、毎年多くの球団のキャンプが実施されています。今年はセ・リーグ6球団とパ・リーグ4球団の計10球団に加え、韓国のプロ野球チームも現地を訪れています。空の玄関口である那覇空港はもちろんのこと、観光客で賑わう国際通りにも球団旗がたなびいており、熱気が伝わってきます。

那覇空港

国際通り

こうした中、日産は今回、2012年プロ野球 春季沖縄キャンプ観光キャンペーン「キャンプる~okinawa!キャンペーン2012」(運営:株式会社JTB 沖縄 期間:2012年2月1日~3月11日)において、「日産リーフ」の位置情報を 提供するサービスを開始しました。これは「日産リーフ」のレンタカーを 運転しているお客さまにプロ野球キャンプの情報や、走行している位置周辺の沿線情報を本キャンペーン専用のタブレット端末に表示してお知らせするというものです。

日産リーフと専用タブレット端末

専用タブレット端末

実際にレンタカーを借り、現地を走ってみました。タブレットの情報をたよりに、まず訪れたのは日産と同じく横浜に拠点をおく「横浜DeNAベイスターズ」のキャンプ。会場の宜野湾市立野球場に到着すると、球場の入口には大きな大段幕が掲げられていました。

中に入ってみると、あいにく全体練習はすでに終了していましたが、サブグラウンドで練習をする選手を間近に見ることができました。また、別の場所では練習が終わったばかりのエース三浦大輔選手を偶然見かけることができました。これもまさにキャンプの醍醐味ですね。

また、このタブレットからは、各キャンプ地の最新状況をリアルタイムで見ることができるので、次にどこのキャンプ地を訪れるかを考える際にとても役立ちます。

横浜ベイスターズ@宜野湾市立野球場

エースの三浦大輔選手

その後、球場を離れ、タブレットの情報を参考に北上を続けると、屋根が琉球瓦となっているファミリーマートの店舗を見つけました。沖縄県でEVのインフラ整備を行っている株式会社エー・イー・シーの松本部長によると、この店舗は周りにリゾートホテルが多いこともあり、充電器の利用率が最も高いとのことでした。

現在、沖縄本島では、幹線道路を中心に約30〜40キロごとに急速充電器が設置されており、その数は18箇所27基にのぼります。松本さんのお話では、将来的には100基ぐらいまで増やしていきたいとのことでした。

ファミリーマート恩納たんちゃ店

また、ご存知のように沖縄は南北に長い県ですので、高速道路を利用して移動される方も多いかと思います。でもご安心ください。沖縄自動車道路の伊芸SAには上り線、下り線、両方に、急速充電器が2台ずつ設置されています。このSAは海沿いにありますので、充電中はSA内のショップを見て楽しめるだけでなく、海を眺めながら、のんびりと時間を過ごすことができます。

沖縄自動車道 伊那SA

夜になり充電場所を探す際も幹線道路に一定間隔に急速充電器が設置されていることもあり、特に不自由することもなく、充電することができました。特にコンビニ(ファミリーマート)に多くの急速充電器が設置されていることもあり、昼、夜関係なく、安心して電気自動車を使える環境が整えられているなと強く感じました。

今回のキャンペーンは3月11日まで行われています。プロ野球ファンの方はもちろんのこと、電気自動車での旅にご興味のある方も是非この機会に沖縄を訪れてみてください。きっと新しい発見があると思います。

*本件を動画ニュースに纏めたものもありますので、是非そちらもご覧下さい。

 

ゼロエミッション | 商品情報

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧