NISSAN GLOBAL BLOG

RSS
TOP > 日産チャンネル23ブログ > 「スカイライン55周年記念イベント」を開催中

「スカイライン55周年記念イベント」を開催中

来年2012年は、初代スカイライン「ALSI-1」型1957年(昭和32年)4月に発売となって、ちょうど55周年を迎えます。それを受け日産は、期間/台数限定の特別仕様車「55th Limited」を今月19日に発売するとともに、今週20日から来年3月中旬まで、横浜、札幌、福岡、名古屋の各日産ギャラリーにて、記念イベントを開催しています。

スカイライン55周年記念イベント(横浜・日産グローバル本社ギャラリー)

横浜の日産グローバル本社ギャラリーでは、会期を2回にわけ、前半はセダン系、後半はクーペ系の歴代スカイラインが展示されます。

現在開催中のVol.1では初代「ALSI−1」を始め、以下の車両が展示されています。
(後半のVol.2の展示内容はこちらをご覧ください)

・初代:スカイラインデラックス ALSID-1
・3代目:スカイライン1500DX C10
・5代目:スカイライン2000GT HGC211
・7代目:スカイライン4ドアH/TGTS ツインカム24Vターボ HR31
・9代目:ECR33
・11代目:V35

この中から何台かご紹介しますと、

初代:スカイラインデラックス ALSID-1

スカイラインデラックス ALSID-1

1957年(昭和32年)4月に発売となった初代「ALSI型」。エンジンは直列4気筒OHV、1484cc・60psで最高速度は125km/hを誇りました。サスペンションは、前輪ダブルウィッシュボーン+コイル式、後輪ド・デオン+リーフ式。スタンダードとデラックスでは、グリルとモールの形状が異なります。

 

スカイライン1500DX C10

スカイライン1500DX C10

1968年(昭和43年)8月に発売された3代目スカイラインC10型。展示されている1500DXは、直列4気筒SOHC、1,483cc・95psのG15エンジンを搭載し、フロントシートはまっ平らなベンチシートで、シフトレバーはコラムタイプとなるなど、4ドアモデルは「ダイナミックファミリーセダン」というキャッチコピーにもよく似合う牧歌的な雰囲気が魅力でもありました。

スカイライン2000GT HGC211

スカイライン2000GT HGC211

1977年(昭和52年)8月に発売となった5代目は、「SKYLINE JAPAN」というメッセージとともに、新たなるグランドツーリングの世界を切り開きました。主力モデルである2000GTシリーズには、1980年(昭和55年)のマイナーチェンジで型式名を211型としたモデルでは、当時としては斬新な角形異形ヘッドライトを採用したフロントマスクが話題になりました。

スカイライン4ドアH/TGTS ツインカム24Vターボ HR31

スカイライン4ドアH/TGTS ツインカム24Vターボ HR31

1985年(昭和60年)8月にフルモデルチェンジして登場したHR31型のスカイラインは、7代目となるため「セブンス」という愛称で呼ばれることもあるモデルです。上級グレードには世界初の4輪操舵システム「HICAS(ハイキャス)」やDOHC24バルブヘッドを搭載した直6エンジンRB20DE(165馬力)のターボ版であるRB20DET(210馬力)が搭載されていました。

ざっとご紹介してきましたが、気になるモデルはありましたか?

各ギャラリーでの開催期間や展示内容は下記およびギャラリーページにてご覧頂けますので、内容をご確認の上、是非この機会に、スカイライン約半世紀の歴史に触れてみてください。

日産グローバル本社ギャラリー
・開催日時:
Vol.1:2011年12月21日(水)~2012年1月9日(月)
Vol.2:2012年1月10日(火)~2012年1月26日(木)

日産札幌ギャラリー
・開催日時:2011年12月20日(火)~1月10日(火)

日産名古屋ギャラリー
・開催日時:2012年2月14日(火)~3月14日(水)

日産福岡ギャラリー
・開催日時:2012年2月13日(月)~3月1日(木)

イベント | ヘリテージ | 商品情報

ページトップへ

  • 日産公式ツイッターページ
  • 日産公式フェイスブックページ
  • 日産公式ソーシャルメディア一覧